ホーム > 院長ブログ ~癒 vis medicatrix naturae~ > ワンちゃんネコちゃん(犬猫)の病気や症状を食事で治す

院長ブログ ~癒 vis medicatrix naturae~

2013年10月17日(木)

ワンちゃんネコちゃん(犬猫)の病気や症状を食事で治す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん こんにちは!

10年に一度の大型台風が過ぎ、更に秋らしい気候になりましたね。
昼間の気温差がありますので、ワンちゃんネコちゃんも足腰お腹が冷えないようにご注意されてください。
今日は、ワンちゃんネコちゃんの病気と症状を食事で治そう!というお話です。

毎日ご家族と一緒に暮らしていて、人間は病気にならないのに動物だけ病気になる原因として何が考えられるでしょうか?
遺伝的素因、環境ストレス、空気、食事、人間より早く老化する等々、いろいろ原因が考えられると思います。
遺伝的素因については直接的に治療することはできませんし解決策は現在のところありません。
私たちが気を付けることができる、過ごしやすい環境、空気、食事の3点を整えることでワンちゃんネコちゃんの病気の発生リスクを最小限にすることが可能です。体内に物質が入る通路としては、肺を通して空気から、そして胃腸を通して食べ物からの2つがあります。精神的に体内に影響を及ぼすのはストレスです。ストレスは、生活環境が動物に適していないことによる体外的なものと、食べ物が合っていない、栄養不足、消化がうまくいかないことによる体内的なストレスがあります。

食事をワンちゃんネコちゃんの個性気質にあったものにして、身体に良いものを体内に取り入れることで、体内的ストレスを減らして元気にすることが可能になります。ワンちゃんネコちゃんの肝機能数値の異常、腎臓の異常など主要臓器の不調、涙焼け、下痢など消化管の不調、内分泌器官(甲状腺、副腎、すい臓など)の異常、腎臓の機能異常、そして関節炎など器質的な異常は食事で治すことが十分可能です。
元気な時には、犬科、猫科動物として必要な栄養と個性気質にあった食事、現在病気になってしまった時にはその子にあった治療としての食事を、自分で作ったり、市販のフードをアレンジすることで健康の維持&回復させましょう。

・市販のドライフードでうちの子に合っているのかしら?
・ドライフードに一手間加えてもっと健康的な食事にしたい。
・療法食を与えているけど症状病気が良くならない。
・手作り食にしてみたいけど栄養が足りるのかしら?
・西洋医学で治らないと診断されたけど、食事で治したい。

以上のようなご意見ご希望をいただきましたことから、このたび、ワンちゃんネコちゃんの健康維持と病気を食事で治すためのオーダーメイド食事献立&栄養サポートを始まることにいたしました。
どのようなサポートなのか別途、ご連絡させていただきたく思います。

たいよー 20131017