院長プロフィール
ホーム > 院長プロフィール

院長プロフィール

プラーナ和漢自然医療アニマルクリニック 森研一

気軽に相談できて、いつも新しい気付きを与えられるように、そして飼い主様が大事なワンちゃんネコちゃんと楽しい日々を送ることができるように努めています。

院 長 森 研一 (もり けんいち)
出身地 千葉県 両親が九州出身ですので九州弁対応です!
大 学 山口大学農学部獣医学科
経 歴 大学卒業後、中型~大型産業動物の臨床獣医、ペットマンション建設のコンサルタント等経験後、製薬会社で動物用医薬品(抗炎症薬、ワクチン、抗菌剤など)の開発担当。西洋薬の可能性と限界を感じている時に、中国と日本で発達した漢方医学、鍼灸、温灸やマッサージなどに魅了される。日々、研究実践を通して研鑽中!
飼っているペット 猫 雑種の4歳です。
それとなく気遣ってくれる優しさが大好きです。
趣 味 自転車、武道、読書、映画鑑賞、等々
好奇心旺盛で浅く広く!

獣医師になった理由

中学生の時にシェパードを飼っていました。
初めてのワンちゃんで毎日遊ぶのを楽しみにしていましたが、当時良いお薬のなかったフィラリア症で亡くなってしまいました。治療法を自分で見つけようと思ったのがきっかけです。

心がけていること

感覚を大事にすることです。
現代社会は昔と違ってテクノロジーが発達して、視覚、嗅覚、聴覚などの持って生まれた感覚より検査機器の数値を拠り所に診断することが多くなっていると感じます。今、目の前にいるパートナーの息遣い、リズム、体温、感情などを感じて、ワンちゃんネコちゃんが何を欲しているのかを感じてサポートしていくことが大事と考えています。

自己紹介文

プラーナ和漢自然医療アニマルクリニック生まれは千葉県一宮町という九十九里浜からほど近い小さな町の小さい借家で育ちました。

両親は福岡県出身で、九州弁が家内共通語の環境でした。 小学生のころから、のんびりしていたらしく、通信簿の先生コメントは「のんびりしていますので、もうちょっとテキパキしましょう」を4年連続受領。
両親は大器晩成型と言い張っていたのを覚えています。

小学校4年の時に隣町である茂原市に引っ越して、中学校、高校まで過ごしました。
中学校は郷土研究部という純文化系サークルで立体地図の作成に勤しみ、高校は勉強一筋でした。

最初は工学部を目指していましたが、飼い犬(ジャーマンシェパード)が当時の不治の病であるフィラリア感染症で亡くなり獣医師を目指しました。 大学受験では獣医学科を受けるものの不合格。たまたま合格した経済大学に入学し、少林寺拳法部で身体を鍛え始めました。大学2年時に再受験して、山口大学の獣医学科に入学。

大学時代は自転車部に所属し、全国を放浪しながら勉学も頑張りました。
大学時代の所属研究室は家畜微生物学教室。今でも細菌、ウイルスなどが好きです。 アルバイトは定食屋さんで6年間、皿洗いから始まり最後は調理担当をしていました。バイトのおかげで料理も趣味になりました(今はそんなにしていません笑)。

無事に獣医師免許を取得し、ついでに調理師免許もしたのちに、鹿児島県の鶏と豚の生産会社(株式会社ジャパンファーム、曽於郡大崎に本社あります)の肉養豚診療所で2年半、実験動物用ミニブタの臨床獣医を2年半経験しました。仕事の合間に牛や犬猫の診療も行っていました。

その後、思うところあり群馬大学で大学院生として細胞輸送タンパク質の研究を1年間行い、製薬会社に入社し動物用薬の開発部門に配属されました。 牛、豚などの大動物から犬、猫などの小動物のお薬やワクチンの開発を行い、動物の薬理学、免疫学に詳しくなりました(10年)。

愛猫の鯖子(雑種、5歳)と暮らしています。