漢方と動物について
ホーム > 漢方と動物について

漢方と動物について

プラーナ和漢自然医療アニマルクリニック

薬局や病院で処方されるお薬の多くは、症状を起こしている病気の原因(その症状の原因と考えられる病変)をミクロの目で探し出し、そこを攻撃することで病気を治そうという考えで開発されています(西洋薬)。

そのため、様々な検査をして異常な部位を特定し、そこを薬でピンポイント攻撃することで治療することになります。

そのため、劇的な薬効を示す一方で、病変部位と共通の健康な臓器組織も攻撃してしまったり好ましくない影響を与えてしまい、その結果として身体には負担強いることも少なくありません。

一方、漢方薬は身体が正常な状態であろうとする臓器組織及び臓器組織間のバランスの崩れ・歪みにより病気が発生したと考えます。
よって、四診(望診、切診、聞診、問診)という東洋医学の伝統的な検査方法によりバランスの崩れ・歪みの原因を探し出し、様々な薬効をもつ生薬の組み合わせ(処方)により、現在の症状を治しつつ身体のバランスを取り戻し、結果的にその病気を治療します。特定の病変組織を攻撃しませんので、薬効は強くありませんが、身体への負担が少ないのが特徴です。

このように、西洋薬と漢方薬はそれぞれ長所と短所がありますので、両法を効果的に用いて治療することが肝要と考えています。

    漢方が動物に良い理由として主に以下の点が挙げられます。

  • 本来持つ身体のバランスを崩さずに整えることで癒す
    西洋のお薬は作用する部分と効果が明らかで理解しやすい一方で、過量投与や過敏反応により、却ってマイナスに作用したり副作用の元となります。 漢方の場合、例えば利水薬(利尿薬)のように、体内の水分が足りない場合にはおしっこの量を減らし、体内に水分が多い場合には体外に排出するという、体内の調和を保つように働きます。
    このように漢方は、調和を崩さず身体が自ら整える(整体作用)作用を促しますので、お薬を服用しても症状の変化を詳しく伝えることのできない動物に対しては、有効かつ安全性が高いお薬です。
  • 生薬の有効性と安全性が長い歴史の中で確かめられている。
    動物用の西洋薬は、様々な動物実験で効能効果と毒性作用の有無が確認された後、臨床試験を行ったうえで、効果と安全性の確認されたお薬のみが利用できるようになります。
    漢方薬は、数千年もの歴史を通して人間と動物に使用されてその効果と安全性が確認されていますので、西洋薬以上に有効性が確認されかつ安全性の高いお薬です。
  • 生薬の多くが植物由来で馴染みやすい。
    漢方の多くは植物から構成されます。動物達が日常生活で接している植物ですので、味も匂いも馴染みのあるものですので、違和感なく服用することができます。
  • 様々な飲ませ方ができる。
    西洋薬は錠剤、粉剤、液剤、注射剤等、お薬によって飲ませる方法が定められています。
    注射は痛みを伴いますし、注射剤を飲ませても効果は得られません。
    漢方は主に経口で服用でき痛みを伴いません。また、錠剤、粉剤、液剤(煎じ薬)と、様々な服用方法を選ぶことができますので、その子にあったベストな服用方法を選ぶことができます。

西洋薬の治療効果を更に高めたい、西洋薬での治療で思うような改善が得られていない、慢性疾患で病気と長くお付き合いしなくてはいけない、、東洋医学の知恵の集積である漢方をお試しください。

漢方治療についてのQ&A

漢方薬は長く服用しないと効果を発揮しないのですか?
迅速に効果を発揮するように処方いたします。
漢方薬の元となる生薬には身体の様々な部分に作用する成分が多く含まれています。
ただ、作用を発揮する量は、その子によって異なり、また生薬そのものに含まれる成分の量にも左右されますので、適切な方法によってベストな服用量を決定する必要があります。その子にあった量を服用すれば薬効が早くに現れます。
プラーナで行っているマッサージは、他の動物病院やトリミングサロンで行っているものと同じですか?
同じ部分もありますが、マッサージする部分を決める方法が異なり、治療として行う点が異なります。
動物の身体の状態は常に変動しながら平衡状態(バランス)を保って維持されています。
毎日、時には時間単位で身体のいたるところに変化が表れています。病気や平衡を崩した状態の場合にはこの変化が顕著になります。その平衡を崩した部分を的確に見つけマッサージすることにより、身体の機能を取り戻す治療法としてマッサージを行います。
東洋医学と西洋医学の違いは?
西洋医学が身体の解剖と各臓器組織の機能に注目して、細かく検査をしてその異常部分を特定した後に、直接的にその部分を治療していくことに対して、東洋医学は身体の表に現れる症状、そして、その子の暮らす環境、食事等の身体以外の部分も考慮にいれて病気を身体の内面と環境の両面から治療していく点が異なります。
他の動物病院の治療と並行して漢方治療を行うことも可能ですか?
はい、可能です。服用されているお薬等がございましたら問診時にお知らせください。
服用されているお薬の薬効の妨げにならないような漢方処方にいたします。また、抗がん治療など、身体に負担のかかるお薬の場合には副作用を軽減したり、身体を滋養する漢方処方によって西洋薬の治療効果がより発揮されるようにすることも可能です。
漢方薬は副作用がないと言われますが、本当ですか?
漢方薬が薬効を発揮する仕組みは西洋のお薬と同じで、薬効成分が身体のある部分に結合することによって作用しますので、その成分が多いと副作用が起きる可能性があります。
ただ、漢方薬はいくつかの生薬から作られ、それぞれの生薬の成分が異なる部分に結合して、結果的に同じ薬効が得られますので、西洋薬と比較すると副作用が少ないと考えられています。